2006年02月16日

トリノオリンピックで思うこと

トリノオリンピック、始まってるね。
初日からスキージャンプで原田雅彦選手が失格になるなど、
日本には暗雲が立ち込めてたわけだが・・・
その後、男子スピードスケートでは加藤ジョージの前で選手転倒して、
待たされた結果タイムが出ず、と。
女子スピードスケートでは、岡崎朋美がメダルに100分の5秒足らず、と。
こりゃ、今回の五輪はメダル0の可能性が出てきたね。


と、ここまでは今回の冬季五輪のハイライトを書いてきたわけだが、
そろそろ本題。
オリンピック見て思うこと。
それは開会式なんかで特に感じること。
『世界平和』とか『人類皆兄弟』みたいな空気が流れまくってるんやけど、
それって、どやねん?ってこと。
というのも、あれだけ世界が云々言うてるわけやけど、
オリンピックを見るためにはテレビって必要よね。
テレビあるとこって、それなりにある程度裕福なトコちゃうかな?
ということは、ホンマに貧しい国々とか紛争のさなかにある国とか、
そういったホンマに世界平和を心底欲してる国々に、
このオリンピックが語る『世界平和』とか『人類皆兄弟』ってのは、
伝わってへんのちゃうやろか?
そういう人らのことはまぁさて置いて、
とりあえずテレビ見れる、それなりに平和な国々だけで、
笑顔や感動を交えて世界平和を考えましょうってことなんかな?


こういう考え方はかなり捻くれてるんかも知れんけど、
一度、ふと気付いてしもたら、
こういう考え方が頭の片隅で引っかかってしもたんで、
書いてみました。
posted by 李樹 at 00:03| Comment(28) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。